メーカー直結で安心購入雪落とし・雪庇落とし通販  草刈りはさみshop   
オリエンタル工業㈱ ☎0256-62-6411 FAX0256-62-2562 新潟県燕市秋葉町2-10-22   

   
     A アルミ棒先端側の角度調節により屋根勾配に合わせて雪落とし
 A-2   6m(1.5m*4本組 雪庇落とし付き)¥16,000(税・送料込)
       付属の工具でネジによる組立てが必要です。
                        屋根に登らず長いアルミ棒の先端のヘッドで屋根上の雪を手前に引いて、雪をかき落とせます。
        
屋根の傾斜に合わせヘッド部の角度の調節が可能です。 付属の工具でネジによる組立済ヘッド部
  
           パイプの連結はガタツキなくしっかりと繋がります。

   
                                                 雪庇落としヘッド部                               

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  コラム

コラム

草刈りはさみのお手入れについて

お庭に芝生を敷き詰めている場合、成長に合わせて定期的な刈り取り作業が必要になります。そんな時に役立ってくれるのが、草刈りはさみです。
草刈りはさみを使う上で必要なお手入れ方法をご紹介します。

お手入れが必要な理由

お手入れが必要な理由

自宅にお庭がある方は、こまめに芝生刈りをしないと見苦しい印象を与えてしまいますし、芝生内に虫が大量発生してしまう原因となります。
そこで役立ってくれる草刈りはさみは、切れ味を長持ちさせるためにも使用後のお手入れが欠かせません。こまめなお手入れをすれば、買い替えが不要となり、結果的に節約にもつながります。

お手入れに必要な道具と方法

お手入れに必要な道具と方法

草刈りはさみのお手入れ手順を紹介します。使用したはさみはタオルを使い、細かい部分まで汚れを拭き落とします。草刈り後に付着した汚れをそのまま放置すると、サビ付きや切れ味低下を引き起こしてしまうので、これは欠かせない作業です。きれいに汚れを拭き落とした後に問題がなければ、刃部分に油を塗っていきます。

油のムラがないように、タオルを使い均一に伸ばしてください。油は、ホームセンターなどで販売されている園芸用はさみのお手入れ油を使用してください。台所にある食用油は、かえってはさみの刃をサビつかせてしまう原因となりますので、専用油の使用が望ましいです。

通常ですとこのお手入れだけで完了ですが、使用中切れ味が悪くなった場合は、刃を研ぐお手入れも追加してください。まずはレンチを使ってはさみを2枚に分解し、砥石を使い1枚1枚磨いていきます。その際の注意点としては、指を切らないようにすること、刃の裏側は絶対砥がないことです。

草刈りはさみの刃の修理調整や刃の交換

草刈りはさみの刃の修理調整や刃の交換

オリエンタル工業の通販では、自宅の芝生刈り向けに考案された軽量タイプの草刈はさみを扱っております。立ち作業に適した特殊な作りとなっており、お年寄りでも無理なく芝刈り作業をすることができます。ハンドル部分が伸縮しますので、立ち作業でも腰に負担をかける心配がありません。また安定した草刈り作業を実現可能にした車輪付きタイプもありますので、好みに合わせてお選びください。

草刈鋏の刃の修理調整や刃の交換にも対応しており、はさみ本体を分解しないで、緩衝材(例えば気泡緩衝材や古布など)で巻き付けてお送りいただければ、実費にて修理調整して返送致します。 修理のご依頼はこちら

草刈りのシーズンって?

年中生え続ける雑草の処理はとても大変です。長い間放置していた雑草を草刈はさみで切っていくのは決して楽な作業とはいえません。
しかし、最近は草刈はさみも進化しており、作業を楽に行うための改良が進んでいます。草刈を行うシーズンと注意点をご紹介するので、美しい庭の維持にお役立てください。

草刈りシーズン

草刈りシーズン

雑草は季節に関係なく伸び続けるため、はっきりとした草刈りシーズンは決まっていません。草刈りする最適な時期を選ぶとすれば、8月以降が良いといわれています。なぜ8月以降かというと、8月の本格的な暑さの中で草刈りを行うと熱中症のおそれがあるからです。

なるべくこまめに草刈りをするのが理想ですが、実際には仕事や家事の合間に草の手入れをするのは大変ですので、真夏の暑い時期はできるだけ避けて草刈りをしましょう。

シーズンごとの草刈りの注意点

【熱中症に注意する】
夏の草刈り作業で気をつけたいのが熱中症です。つい作業に集中してしまい、気づいた時には目の前が真っ暗ということも少なくないようです。少しでも手足のしびれや気分が悪いと感じたら作業を中断し水分や塩分をとりましょう。こまめに休憩をはさみ、水分や塩分をとることで熱中症を予防することができます。

【暑い時間帯を避ける】
どうしても夏の時期に草刈りをしないといけない場合は、暑い時間帯を避けて草刈りを行いましょう。朝の涼しい時間が一番おすすめです。 早朝に行う場合は、近所の迷惑にならないように機械の音にも気を使いましょう。太陽が上がる12時から2時頃はできるだけ避け、日射しが弱い時間に行うのがおすすめです。

【服装にも注意】
暑い時期に草刈りを行う場合でも、長袖長ズボンは必須アイテムです。草刈り機を使う場合は、刈った草や周辺の石ころが飛んでくる可能性があるので、肌を守るためにも長袖長ズボンが好ましいスタイルです。黒い服は熱を集めやすく蜂に刺される可能性もあるため、できるだけ避けましょう。
また、次に重要ともいえる帽子は、できるだけつばが広く首元まですっぽり覆うようなものがおすすめです。靴もスニーカーではなく長靴を履き、できるだけ肌を出さないように心がけましょう。

刈った草の後処理はどうすればいい?

最近は草刈鋏も軽量型や伸縮機能付きなどと進化し、自身で草刈りを行う方が増えてきています。草刈りを行った際、草の後処理で困った経験はありませんか?草をどう処分すればよいのか分からないという方に、刈った草の処理方法をご紹介します。

刈った草の処理方法

【燃えるゴミとして出す】
ご家庭で簡単にできる処理方法は、燃えるゴミとして出す方法です。刈った雑草は燃えるゴミですので、普段通りゴミに出せばちゃんと回収してくれます。本当に回収されるのか不安な場合は、事前に収集会社に連絡して確認をとりましょう。

【ゴミ処理施設に持って行く】
刈りとった草が大量で、家庭の収集場所に置いておくには場所をとるため回収日まで待ちきれない、という方はゴミ処理場に持って行くのがおすすめです。地域や場所によっては違いもありますが、ゴミを持って行くと無料で回収してもらえます。料金がかかる場合であっても、それほど高くないのでおすすめです。

【肥料として活用】
刈った草は肥料としても活用できます。一般的にゴミにとして扱われることが多いですが、捨てるだけが処理方法とは限りません。
刈った草は肥料として再利用でき、農家に持って行くと家畜のエサや堆肥として活用してもらえます。燃えるゴミとして出す。
ご家庭で簡単にできる処理方法は、燃えるゴミとして出す方法です。刈った雑草は燃えるゴミですので、普段通りゴミに出せばちゃんと回収してくれます。本当に回収されるのか不安な場合は、事前に収集会社に連絡して確認をとりましょう。

野焼きはダメ

刈った草を燃やすという方もいらっしゃると思います。しかし、野外焼却行為は法律で一部禁止されています。産業廃棄物はもちろん、家庭ゴミや刈草の焼却も禁止です。

違反した場合、厳しい罰則がありますのでご注意ください。また焼却禁止の例外もあり、農業や林業は漁業を営むのにやむを得ない場合のみ許可されています。

草刈りと花粉症の関係!?

草刈りと花粉症の関係!?

花粉症は、身体の中に花粉が侵入してきた際に起こるアレルギー症状です。くしゃみや鼻づまり、鼻水、目のかゆみなどが起こり、ひどい方は一日中目が充血したり、鼻水が止まらなかったりします。そんな悩みの種でもある花粉症ですが、その原因は身近なところにも潜んでいるかもしれません。

花粉症の原因はスギやヒノキだけではない

春になると花粉症のニュースをよく耳にするため、原因となる花粉はスギやヒノキだけだと思っている方も多いでしょう。実は、それだけではなくイネ科やキク科植物でも花粉症の症状を引き起こすことがあります。そのため、年中どこにでも生えている雑草も要注意です。

花粉症の原因となる雑草

花粉症の原因となる雑草の一部をご紹介します。

【カモガヤ】
イネ科の植物で道端や空き地、畑などその生息地は広く、5月から8月が花粉のピークです。スギ花粉症の方は、カモガヤでもアレルギー症状が出やすい傾向にあります。カモガヤ花粉では、鼻づまり、くしゃみなど一般的な花粉症状が現れます。

【ブタクサ】
キク科の植物で、空き地・道端など柔らかい土の場所に多く発生し全国どこにでも生息しています。花粉のピークは8月から10月で秋頃にアレルギー症状が出始める方が多いです。ブタクサ花粉症は咳が出やすくなることが特徴です。

【スズメノカタビラ】
イネ科の植物で空き地や民家の周囲などいたるところに生息しており、繁殖力が強く、根が浅いものの株になるため庭のお手入れの際には苦労させられる雑草です。2月から5月が花粉のピークで、アレルギー症状は一般的なものです。

雑草を刈ることでアレルギー症状を防ぐ

雑草を刈ることでアレルギー症状を防ぐ

スギ花粉などは、数十km先まで飛散しますが、カモガヤやブタクサなどの雑草から出る花粉は、数kmほどしか飛散しません。そのため、自宅の庭に生えている雑草を刈ることで、アレルギーの発症率も低くなります。

草刈りを行う場合は、雑草があまり育っていないと刈り取った後でも根元からすぐに芽が出てしまうので、開花の直前に行うようにしましょう。

草刈鋏を使用すれば楽に刈ることができますので、アレルギーが気になる方は、適切な時期にお庭のお手入れを行ってみてください。

特定商取引について

お支払い方法について

お支払いは、代金引換、銀行振込、クレジットカード決済、オンラインコンビニ決済、ネットバンク決済、電子マネー決済がご利用頂けます。

銀行振込 代金引換
決済画像

送料について

・草刈ばさみは送料無料
・その他の商品は全国一律648円(税込)(沖縄地方は別途ご相談)
・一箇所で商品合計6,000円以上お買い上げの場合は送料無料。

※送料の詳細は 【特定商取引法】をご確認下さい。

返品・交換について

お客様のご都合によるご返品にはご対応できかねますので予めご了承ください。商品到着後、中身のご確認を必ずお願い致します。
商品には万全を期しておりますが、万が一不良品・誤送品があった場合は、早急に対応させていただきます。恐れ入りますが商品到着後7日以内にご連絡ください。それを過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。
一度開封された商品 (開封後不良品とわかった場合を除く)、お客様の責任でキズや汚れが生じた商品の返品はお受けできません。

※詳細は 【特定商取引法】をご確認下さい。

お問い合せ先

お問い合せは、下記連絡先にて承ります。

TEL
0256-62-6411
FAX
0256-62-2562
E-mail
info@tsubame-kanamonoya.biz
営業時間
10:00~18:00
定休日
土日・祝祭日